リボンちゃんのお気楽極楽、時々シリアス多言語ともしび日記

多言語の自然習得と、市民レベルでの国際交流NGOの「ヒッポファミリークラブ 伊勢CHACHARA+Partagerファミリー」で見つけた、言語場のつれづれ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CARTA DE CHACHARA 2004.12.3 VOL.118

あっという間に今年も12月。寒くなってきましたが、うがい・手洗い励行で風邪に気をつけて、元気にファミリーに来てね!不幸にも鼻が詰まったら、ぜひフランス語を(笑)
さて、この間英語教育についての新聞の記事に興味深いものを見つけました。ちょっと紹介します。
『大事なのは、異なる文化に開かれた心です。中国や韓国、ブラジルの人たち、健常者と障害者、男女、世代……。文化や価値観、意見が違う中で、互いを理解し、折り合いをつけ、一緒に暮らしてゆく。それをまず大人が実践せずに、子どもに英語といっても、国際人の養成にはなりません。(立教大 鳥飼教授)』
一般的に英語や外国語を勉強する時は受験や「それを習得する」ということが最終目標になっていたりしますが、本当はことばは道具。それを使って、人とどうコミュニケーションしていくかが大切なはずなのに、いつの間にか見失いがちです。「英語ができたら、我が子の人生はバラ色」そんな風に思っている人も世の中には多いようですが、英語ができても人格的に問題があったり、仕事ができなかったりでは全然バラ色じゃないわけです。
ヒッポでは音と人に向き合うことを大事にしながら、その環境をみんなで作ってことばを育てているわけですが、「ことばはいつも人の中にある」そんな事を毎週のファミリーで感じています。

最近のファミリーでは、子供たちの間で中国語がブーム。サニーちゃんに始まり、妹のキティちゃん→りせちゃん→その弟はやちゃん→ファミリーであぐくんにと伝染中!みんなの言い方の「赤ちゃん度」がそれぞれ違うのがかわいい~。チッチは先週のファミリーでドイツ語の大波を披露。帰りの車の中で娘のさーちゃん&ピッピに「お母さんっ、せめてもうちょっとはっきり言えるようになってから言ったらどう?!」と言われ、「口では大波だけど、お母さんの頭の中では完璧なのっ!」と大反論したそう。その微笑ましい様子が想像できるよね。Qちゃんは韓国の人と話してて、何の意識も無く自分の口から韓国語がふっと出てきた、不思議~!なのだそう。プロは突然振られた韓国語の空港のところ、意外に言えて自分でびっくり?!言ってみると言えたりしちゃうんだよね。入会して2ヶ月になった小林さんも同じところ、みんなで言ってみるとすごく言えるんだよね。すなぎは「どうも前世はスペイン人だったと思う!」なんて言い始めるし、カンヌのフランス語はパリジェンヌ度がアップしてるよね~。
ヒッポでは私たちが赤ちゃんの時から歩んできた、自然のことばの習得のプロセスを歩んでいるわけですが、メタ活やファミリーで歌う事が果たしてそうなのか?と思った人はいませんか?我が家のリークチカ、ずいぶん日本語が上手になってきたけど、彼の毎日はまさに「メタ活&歌う事いっぱーい」です。「この本、一緒に読んで!」「貨物列車の歌、一緒に歌って!」そして読んだり歌ったりする時は、自然に一緒に声を合わせています。この本を覚えさせようとか、歌わせようとかそういうのではなく、ただ一緒に楽しんでいます。お話や歌だけでなく、日常の大人たちの話もメタ活してるし、そういうことで周りからいっぱいことばをもらっているんだなぁと実感!日本語も標準語、伊勢弁、河内弁とバリエーション豊かだし、ディズニーランドではお気に入りのキャラクターを見つけて「ママ、チョロクセーイッソヨ!」と叫び、大好きな電話は「Hola!」と出たり。
こんな風にファミリーで「一緒に声を合わせる」ことがもっとできるといいなと思います。一言でも、大波でも、いっぱーいでも、みんなの言いたい多言語、ファミリーに持ち寄ってね。そして、大人も子供も、マイクで誰かが話してる時はしっかり聞きましょう!誰かが隣の人とボソボソ話してると、マイク持ってる人はとっても話しにくいです。一緒に歌おうね♪
スポンサーサイト

Menu

プロフィール

リボンちゃん

  • Author:リボンちゃん
  • ☆活動のご案内
    ・毎週金曜PM18:30~20:00
    会場 伊勢市内
    (詳細は公式HPよりお問い合わせください)
    ヒッポファミリークラブ公式HP

    人間として自然な言語習得や、多様性を認め合える豊かなコミュニケーション能力を育む多言語・多国間交流活動のクラブを主宰しています。

    小学校でも外国語授業が導入され、入試でも企業でも単なる外国語資格の有無だけでなく、コミュニケーション能力やその言語でその人が何をしてきたのか問われる時代になりました。

    ことばの豊かな環境作りを通して、言語の習得、どのことばを話すどんな人とも向き合っていけるコミュニケーション能力を育みあい、家族ぐるみの国際交流してみませんか?

    国際交流や国際理解講座の講演講師、学校・行政のホームステイ参加準備・受け入れ準備コンサルティング等承ります。

    <講演・コンサルティング例>
    ・親子国際交流体験講演
    ・児童、学生向け国際交流講演
    ・ホームステイ渡航準備、受け入れ準備アドバイス
    ・育児サークル等幼児保護者さま向け
    ・産婦人科患者さま、ベビー用品ショップお客さま向け「赤ちゃんとことばの不思議」講演、講座

    内容等は、ご希望に合わせて柔軟に対応いたします。
    お気軽に「メッセージを送る」からお問い合わせください。

最近の記事

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

SHOPPING

右サイドメニュー

ブログ内検索

旅に出るなら・・・

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。