リボンちゃんのお気楽極楽、時々シリアス多言語ともしび日記

多言語の自然習得と、市民レベルでの国際交流NGOの「ヒッポファミリークラブ 伊勢CHACHARA+Partagerファミリー」で見つけた、言語場のつれづれ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お別れパーティー

20050509103223s.jpg


アクシデントから始まった今回の受け入れも、今日でオシマイ。
昨晩、ホランは「明日が5月1日?!信じられなーい!」と叫んでいたけど、やっぱり今日は5月1日なのだ。
予定よりやや遅れて家を出発。
パーティー会場についてみると、ホランの留学生友達もいたようだ。「ホームステイ来てたんだ~」「なんだか良くわからないうちに来ちゃった(^^;」なんて会話が交わされている。
各自名札をつけるのだが、ホランは「フーラン」と自分で書いてこれでいいかと聞く。「これだと『フーラン』だよ」と言うと、「えっ?そうなの?大学ではこう習ったのよ~。違うけど、まぁいいや」と言う。確かに発音的には「ホ」と「フ」の間のような音なのだけど、名前の書き方を教えてくれた人には「フ」に近く聞こえたのだろうか。スペルをローマ字読みすると「フラン」なのだけど、最初「フーラン」と呼ぶと「ホラン!」と返ってきたので「ホ」に近いのだと思っていた。外国語をカタカナやひらがなで表示するのは限界がある。しかし、自分の名前が違っても「まぁいいか」(笑)
なんて話していると、今回のホームステイプログラムの窓口団体のスタッフから突然「歌とか踊り、何されますか?」と聞かれ、私たちはびっくり!ホランに「知ってた?」と聞いてみるけど、日程すら知らされてなかった彼女が知るわけもない。知らされてない事が多すぎる。
会食が始まり驚いたのは、イスラム教のゲストがいるのに豚肉料理が出ている事。自分たちがホームステイの受け入れをコーディネートする時には考えられない事だ。今回の連絡ミスの事といい、いろいろ不安に感じる。。
ステージではホストファミリーとゲストが1組ずつ呼ばれ、今回の感想や歌や踊りの披露をしている。みんな楽しかったようだ。うちは歌や踊りの披露は無しで、ステイ中の出来事報告や、ホランのスピーチで終わった。
お別れの時間になった。最寄駅まで車で送っていったのだが、だんだんリークチカが無口になる。駅に着いたときには、「お姉さん帰らないで!!」と泣き始め、それは号泣になっていった。あんまり泣くのでホランも困って「また来るからね!」と何度も言ってくれるけど、泣き止まない。そうだよね、3日間楽しかったものね。

そしてホランは帰っていった。
リークチカは「車で電車を追いかけて、迎えに行こう!」と言う。「明日はホランは学校があるでしょ。リークチカも幼稚園でしょ」と言うと、幼稚園から帰ったら迎えに行くつもりでなにやらつぶやいている。
ホランと一緒に過ごした時間が3歳の彼にも楽しくて、また会いたくて、話したい事がいっぱいあるのだろう。
私が多言語や国際交流ボランティアの活動を始めたのは、自分が興味があったからの事で、「子どもに英語を身につけさせたい」と思ったからではなかった。始めた当時、まだリークチカもいなかったし。
子どもは元来、外国語だからとか外国人だからとかといった括りでは壁を作らない。もちろん、人見知りしたり、知らない事を怖がるのは日本の中でも同じ。「わからない、怖い、知らない」という理由付けは、毎日の生活の中で周りの大人の態度から感じ取ってしまうのだ。
ことばは覚えたからといって、外国人と話せたり友達になれたりするものではない。自分が人と向き合わない限り、ことばは知識でしかないのだ。学生時代、外国語を成績をキープしたり受験の手段のように感じていた私に、人との出会いがことばの本当の意味を教えてくれた。
今まで出会ったいろいろな国の友人たちの顔を思い浮かべる時、私はことばを自分と人とを繋ぐ宝物のように感じている。そして、リークチカやファミリーのみんな、大人も子どもも「この人と仲良くなりたい」という気持ちで人を向かえ、ことばを使って欲しいと思う。
スポンサーサイト

Menu

プロフィール

リボンちゃん

  • Author:リボンちゃん
  • ☆活動のご案内
    ・毎週金曜PM18:30~20:00
    会場 伊勢市内
    (詳細は公式HPよりお問い合わせください)
    ヒッポファミリークラブ公式HP

    人間として自然な言語習得や、多様性を認め合える豊かなコミュニケーション能力を育む多言語・多国間交流活動のクラブを主宰しています。

    小学校でも外国語授業が導入され、入試でも企業でも単なる外国語資格の有無だけでなく、コミュニケーション能力やその言語でその人が何をしてきたのか問われる時代になりました。

    ことばの豊かな環境作りを通して、言語の習得、どのことばを話すどんな人とも向き合っていけるコミュニケーション能力を育みあい、家族ぐるみの国際交流してみませんか?

    国際交流や国際理解講座の講演講師、学校・行政のホームステイ参加準備・受け入れ準備コンサルティング等承ります。

    <講演・コンサルティング例>
    ・親子国際交流体験講演
    ・児童、学生向け国際交流講演
    ・ホームステイ渡航準備、受け入れ準備アドバイス
    ・育児サークル等幼児保護者さま向け
    ・産婦人科患者さま、ベビー用品ショップお客さま向け「赤ちゃんとことばの不思議」講演、講座

    内容等は、ご希望に合わせて柔軟に対応いたします。
    お気軽に「メッセージを送る」からお問い合わせください。

最近の記事

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

SHOPPING

右サイドメニュー

ブログ内検索

旅に出るなら・・・

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。