リボンちゃんのお気楽極楽、時々シリアス多言語ともしび日記

多言語の自然習得と、市民レベルでの国際交流NGOの「ヒッポファミリークラブ 伊勢CHACHARA+Partagerファミリー」で見つけた、言語場のつれづれ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トラカレワークショップ 2010.4.5

今日はトラカレ生、安本みゆきちゃんがスピーカーの
トラカレWSでした。
みわちゃん@津フェロウは司会チームでした
この日は、ファミリーがトラカレの話題で盛り上がっている
フェロウ達が司会チームでした。


トラカレは、言語交流研究所の研究部門。
今まで、古事記など古い書物に多言語の視点からアプローチ
したり、量子力学やフーリエなど物理や数学の分野にも
「何であるかすらわからないけど、面白いらしい」ところから
スタートし取り組んでいるトラカレ。

みゆきちゃんからは、今取り組んでいる数学の話や、京大の数学者である
関西メンバー経由で出会えた専門の先生との話など、もりだくさんに
聞けました。


「わからない事が楽しい」
「過程が全て」

数学の高名な森先生(数学のノーベル賞と言われるフィールズ賞の受賞者)
との話の中で、ヒッポがことばに取り組む視点と同じだと思い、
嬉しくなったそうです。


数学の話は、例として置換群を考えてみるという事をやりました。
これは、私もOK
ホワイトボードに書かれた数式が、説明の為、正三角形の紙に置き換わり
二次元化されて、それを裏返す事で三次元のイメ―ジが出来て…
と、私の頭も久しぶりに理系モードにスイッチしました。


みゆきちゃんの話の中で、数学の事、プロ中のプロの先生とトラカレ生との
やり取りなど、面白い事はいっぱいあったのですが、私はそこに
「結果までの過程の中のどの地点であっても、その時を大事にして、
楽しんで取り組む事。その過程によって導き出される結果がある」
という事が貫かれていると思いました。

私たちの多言語の自然習得も同じ。
どれだけ多言語の環境を、自分の毎日の中に作れるか。
作った分だけ自分の体の反応があって、結果はそれ以上でもそれ以下でもない。
やらない事を出来ない事に挿げ替えない。
やれない事があっても、やれる事の多さに気付いてその地点を大事にする。

そんな事を考えながら帰ってきました。





スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 現在非公開コメント投稿不可です。

Menu

プロフィール

リボンちゃん

  • Author:リボンちゃん
  • ☆活動のご案内
    ・毎週金曜PM18:30~20:00
    会場 伊勢市内
    (詳細は公式HPよりお問い合わせください)
    ヒッポファミリークラブ公式HP

    人間として自然な言語習得や、多様性を認め合える豊かなコミュニケーション能力を育む多言語・多国間交流活動のクラブを主宰しています。

    小学校でも外国語授業が導入され、入試でも企業でも単なる外国語資格の有無だけでなく、コミュニケーション能力やその言語でその人が何をしてきたのか問われる時代になりました。

    ことばの豊かな環境作りを通して、言語の習得、どのことばを話すどんな人とも向き合っていけるコミュニケーション能力を育みあい、家族ぐるみの国際交流してみませんか?

    国際交流や国際理解講座の講演講師、学校・行政のホームステイ参加準備・受け入れ準備コンサルティング等承ります。

    <講演・コンサルティング例>
    ・親子国際交流体験講演
    ・児童、学生向け国際交流講演
    ・ホームステイ渡航準備、受け入れ準備アドバイス
    ・育児サークル等幼児保護者さま向け
    ・産婦人科患者さま、ベビー用品ショップお客さま向け「赤ちゃんとことばの不思議」講演、講座

    内容等は、ご希望に合わせて柔軟に対応いたします。
    お気軽に「メッセージを送る」からお問い合わせください。

最近の記事

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

SHOPPING

右サイドメニュー

ブログ内検索

旅に出るなら・・・

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。